ITツールの統合と一元管理

モニタリングは有益ですが、アラートへの対応が負担となることもあります。緊急な対応が必要な問題と、余裕をもって対処できる問題を判別しなくてはなりません。ITチームの作業を効率化するには、お使いのすべてのITツールを一元管理できる統合ビューが必要です。

NetIQでは次のような支援を行っています。

複数のベンダの管理データを有意義な知識に変える

IT運用グループの各チームがそれぞれ好みのツールを使っていると、うまく連携できません。また、それらを統合することはほぼ不可能です。すべてのツールを一元的に表示できないと、問題の解決が責任の押し付け合いになりかねません。NetIQを使用すると、リアルタイムでエンドツーエンドの一括管理が可能なITサービス管理ビューで、独立したすべての情報サイロの統合、照合、関連付けが可能になります。基盤にあるインフラが複雑であったり、分散していたり、マルチプラットフォーム環境であっても、すべてを明確に把握できます。

詳細へのドリルダウンが可能な概要レベルのダッシュボードを使って、迅速にトラブルシューティングする

ITサービスの問題をトラブルシューティングする場合、ツールを表面的に統合しただけでは十分に対応できません。詳細レベルに迅速にドリルダウンしたり、問題を切り分ける必要があります。NetIQは、ルールに基づいて、優先順位と重み付けを自動化します。技術的なヘルス情報とパフォーマンスメトリックスをビジネスの目標や優先順位と統合できるようにします。その結果、ITシステム担当者は、問題の重要性に基づいて正確かつ効率的に対応できるようになります。

サービスレベル契約(SLA)違反のリスクをリアルタイムで検出する

月末のレポートでは、リアルタイムで起きているサービスレベル違反を修正できません。NetIQは、リアルタイムのサービスレベル達成状況を通知するダッシュボードを提供します。これにより、まだ修正する時間があるうちに問題を発見して、SLA違反の罰金や信用低下を回避することができます。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。

関連製品

NetIQのお客様