物理サーバと仮想サーバの保護

物理サーバと仮想サーバに、それぞれ異なるディザスタリカバリ製品セットを使用することもできます。しかし、これはコストがかかり、すべてのビジネスサービスを保護することが難しくなります。

NetIQでは次のような支援を行っています。

物理ワークロードと仮想ワークロードを保護

物理サーバと仮想サーバに異なるディザスタリカバリ(DR)ソリューションを使用している場合は、プロセスを効率化する余地があります。別々のソリューションを使用するアプローチでは、ソフトウェアライセンスだけでなく、スタッフやトレーニング、サポートの点でも余分のコストが発生します。無駄に複雑化することにもなります。また、物理サーバと仮想サーバがやり取りするような、ソリューションの境界を越えるビジネスサービスを保護するのが難しくなります。NetIQにお任せください。物理サーバと仮想サーバの両方を含めた広範なバックアップと復元を可能にする、高パフォーマンスなDRソリューションを提供します。PlateSpin ProtectPlateSpin Forgeの両製品を使用することで、ブランド、モデル、ベンダにかかわりなく、すべての主要な物理サーバをバックアップできるほか、一般的なハイパーバイザのほとんどで実行中の仮想ワークロードのバックアップにも対応できます。

システム停止が起こったら、これらのバックアップしたワークロード(物理と仮想)を元の場所にすばやく復元できます。元のハードウェアの修理や交換ができない場合は、物理か仮想かを問わず、別の場所にワークロードを簡単に復元できます。

WindowsサーバとLinuxサーバの両方のワークロードを保護

NetIQのディザスタリカバリソリューションは、WindowsおよびLinuxオペレーティングシステムの多様なバージョンとサービスパックを含む、すべてのサーバワークロードを保護します。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。

NetIQのお客様