サーバの障害とサイト全体のシステム停止からの保護

コストの制約がなければ、すべてのサーバをリモートサイトにミラーリングすることができます。しかし現実には、使える予算は限られています。どうすれば、コストをかけずに、ハードウェアあるいはサイト全体の機能停止から、重要なサーバを保護できるでしょうか。

NetIQでは次のような支援を行っています。

ハードウェアとソフトウェアの不要なコストの重複を回避

NetIQのディザスタリカバリ(DR)ソリューションは、ビジネスクリティカルなサーバワークロードをオンサイトまたはオフサイトでウォームスタンバイしている仮想マシンにバックアップします。これにより、ビジネスをサーバ障害からコスト効率よく保護できます。仮想マシンを使用することによって、RTOとRPOを数分以内に抑えたまま、サーバハードウェアの1対1の複製では避けられない手間やコストを排除します。

ローカルサイトまたはオフサイトでバックアップ

DRソリューションが保護対象のサーバと同じ場所にある場合、その施設に関係するあらゆる機能停止の影響を受ける可能性があります。NetIQにお任せください。最大限の保護と柔軟性を実現するため、NetIQのDRソリューションは、本番環境のサーバワークロードを既存のVMware環境やDR専用のアプライアンスにバックアップできるように設計されています。このアプライアンスは、プライマリデータセンター、リモート施設、またはサードパーティの管理サイトに設置できます。

オフサイトの施設にバックアップした仮想マシンを回復し、実行することも可能です。これにより、メインの施設が修復中の間も、ビジネスを継続できます。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。

NetIQのお客様