ITリソースへのアクセス制御を簡単に

管理者は手作業を減らし、承認プロセスをスピードアップして、社内やクラウドを問わず適切な権限を持った人のみがITリソースへアクセスできるようにしたいと考えています。しかも、ユーザセルフサービスがあれば理想的です。

NetIQでは次のような支援を行っています。

ユーザアクセスのリクエストと承認向けポータルを提供

ビジネスは常に動いており、 管理者もユーザもITリソースのリクエストとアクセス承認が可能な、使い勝手のよいモバイルアプリケーションを必要としています。自宅で仕事をしているときも、空港にいるときも、企業ファイアウォールの外で仕事をするときも、場所は関係ありません。業務に必要なシステムへアクセスできるのがオフィスのデスクのみ、という時代は終わりました。

クラウドアプリケーションへのユーザアクセスを簡素化

ビジネスまたは組織で使用するクラウドリソースへのアクセスが複雑であってはなりません。ユーザは、自社のシステムにアクセスするのと同じくらい簡単にクラウドへアクセスできる必要があります。また、ユーザは一度サインオンするだけで、すべてのクラウドリソースへ迅速かつセキュアにアクセスできなければなりません。

ユーザのアクセスリクエストに対する自動承認ワークフロー

管理者の業務が激増しているのは事実です。しかし、だからと言ってユーザは必要なリソースへのアクセスが承認されるのを何週間も待つことはできません。そこで必要なのが、リクエスト、確認、承認のプロセスをスピードアップする自動化された方法です。ユーザはもう、誰かがボタンを押すまで、または緊急のメールリクエストを読むまで待ってはくれません。つまり管理者は、業務を進める上で必要なツールや情報へのアクセスにおいて、ITがボトルネックにならないよう対応する必要があるのです。

使いやすいセルフサービス機能を提供

リソースへのアクセスや、忘れてしまったパスワードのリセットの件でユーザがヘルプデスクに問い合わせるのをなくしたい、そう思ったことはありませんか。こうした問題を、ユーザ自身が解決できるようにしたらどうでしょうか。セルフサービスのユーザアクセス制御を採用すれば、ヘルプデスクのコストを削減でき、ユーザの満足度も向上します。

複数アプリケーションへのシングルサインオン(SSO)を実現

必要とするさまざまなリソースやアプリケーションへのサインオン方法を覚えることは大変で、ユーザは苦労を強いられています。リソースが社内クラウドのいずれにあっても、一度のサインオンでアクセスできるようにすることが必須です。パスワードを書いた付箋紙をディスプレイに貼り付けておくような、アクセス制御戦略を低下させる事態は避けなければなりません。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。

NetIQのお客様

アクセス