ネットサーフィンと同じくらい簡単に
ディザスタリカバリをテスト

PlateSpin® Protectには、ディザスタリカバリ計画を最新の状態に保つために月1回または週1回実行できる簡単なテスト機能が用意されています。

仮想化テクノロジを利用すれば、簡単なワンクリックテストが実現します。リカバリアーカイブのスナップショットコピーを迅速に作成し、それを安全なサンドボックステストネットワークで起動できます。PlateSpin Protectは、簡単かつ迅速、そして何よりも安全なテストメカニズムを提供します。


簡単な組み込みのレポーティング機能で時間を短縮

簡単な組み込みのレポーティング機能で時間を短縮

常に最新の状態を維持

ディザスタリカバリテストの簡素化は、データセンターの登場以降、常に求められてきました。現在のビジネスの世界では、6カ月というのはかなり長い時間です。そのため、PlateSpin Protectには、ディザスタリカバリ計画を最新の状態に保つために月1回または週1回実行可能な簡単なテスト機能が用意されています。

仮想化テクノロジの活用により、専用のテストインフラを探して環境を設定し、準備する必要がありません。時間と手間のかかるディザスタリカバリ訓練を実施しなくても、マウスを数回クリックするだけでテストできます。


ニーズに基づいて保護ティアを設定

ニーズに基づいて保護ティアを設定

テストの自動化

テスト時には、テスト対象のワークロードを選択して、テストコマンドを起動するだけです。PlateSpin Protectがその後の処理を行い、選択したワークロードのスナップショットコピーを作成して、分離されたネットワークセグメントで起動します。

PlateSpin Protectは、市場でもきわめて簡単なテストメカニズムであるだけでなく、分離されたネットワークとリカバリワークロードのコピーの両方を使用するため、テストの際に運用ワークロードにまったく影響を与えません。そのため、これまでのように営業時間外にテストを実施する必要がありません。PlateSpin Protectなら、たとえ営業時間中であっても必要なときに、簡単かつ安全にテストを実施できます。


特長をすべて表示 ›

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。