「オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません(Object reference not set to an instance of an object)」でワークロードが作成できない

このドキュメント (00009070) の最後に記載の 免責条項 に基づき提供されています。

環境

PlateSpin Migrate 12.0 以降

問題

PlateSpin Migrate 12.0 製品から Migrate Client の他に Migrate Web UI を使いワークロードを作成、及び、管理する操作機能が追加されました。Migrate Web UI 上でワークロードを作成した時に「オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません(Object reference not set to an instance of an object)」となり処理が継続できない事象が発生する事があります。これは、移行元となるシステムで発見処理を行い、発見したシステム構成から作成した XML ファイルの内容の一部に特殊文字が含まれていることで発生します。

対応策

Migrate Client でワークロードを作成する事で問題を回避する事ができます。Migrate Client を使いワークロードを作成して処理をおこなってください。

免責条項

この情報は、米国NetIQ, Inc.およびネットアイキュー株式会社の内外から発生したものです。本文書の内容または本文書を使用した結果について、いかなる保証、表明または約束も行っていません。また、本文書の商品性、および特定目的への適合性について、いかなる黙示の保証も否認し、排除します。

本文書に記載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商品、商標または登録商標です。

  • ドキュメントID: 00009070
  • 作成年月日: 27-JAN-16
  • 修正年月日: 27-JAN-16
    • 対象NetIQ製品およびバージョン: PlateSpin Migrate 12.0 以降