TDMからVoIPへのマイグレーションがすべてサービス品質の基準を満たすとは限りません。通話品質が悪いことが、ビジネスの障害となってはなりません。統合コミュニケーションの管理においては、絶え間のない注意が必要になります。NetIQにお任せください。

NetIQのデータセンター管理の一部であるNetIQの統合コミュニケーション(UC)とVoIP管理ソリューションが、高いサービス品質の確保を支援します。導入前の評価、UCコンポーネントのモニタリング、問題の自動診断、改善点の分析を実行。Cisco、Avaya、およびMicrosoft環境全体にわたり、エンタープライズおよびMSP向けの完全なライフサイクル管理ソリューションを提供します。

お客様の声

  •   VoIPの導入または拡張 既存のデータネットワークに音声トラフィックの処理能力があるかわからない。VoIPを導入する前に、データネットワークのボトルネックを把握しておきたい。アプリケーショントラフィックによって音声サービスの品質が低下することを避けるにはどうすればよいか。

    VoIP導入前にネットワークの準備状況を評価 ›

  •   VoIPのサービス品質を向上 VoIPにマイグレートしたが、期待どおりのサービス品質を得られない。ユーザエクスペリエンスが実際に低下する前に、UCコンポーネントの故障を認識するにはどうすればよいか。VoIPでの通話品質を測定して、問題の影響を軽減する方法を知りたい。

    VoIP通話品質のモニタリングと管理 ›

  •   VoIPのキャパシティを維持 ネットワーク上のトラフィックに使用されるキャパシティがいつ上限に達するかを知る手段がない。音声トラフィックの増加によって、VoIPと他のアプリケーションの品質が低下する可能性がある場合、 事前に計画して、キャパシティの問題を回避するにはどうすればよいか。

    VoIPのキャパシティと帯域幅の管理 ›

  •   マルチベンダの統合コミュニケーション(UC)を管理 複数のUCテクノロジやサポートインフラの管理に必要なリソースが多すぎる。ネットワーキング、UCアプリケーション、ハードウェアのベンダが異なっている場合、 簡素化を実現し、適切に管理する方法を知りたい。

    サービスとしてのUCの管理 ›

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。

統合コミュニケーションとVoIP製品

NetIQのお客様