情報へのアクセスがこれほど簡単でオープンになり、多様化したことはありません。簡単にアクセスできることで、セキュリティ上のさまざまな脅威にさらされる機会も増えます。多くの脅威が組織の中にすでに侵入しているかもしれません。でも、一体いつ、どこで、誰が侵入させたのでしょうか。

潜在的な脅威をすべて迅速に検出し、断固たる対策を講じる必要があります。そのためには、実行性の高いセキュリティインテリジェンスが欠かせません。必要な情報を必要なときに提供し、悪意のあるユーザに攻撃のチャンスを与えないインテリジェンスが必要なのです。NetIQにお任せください。NetIQのセキュリティ管理ソリューションを導入すれば、組織全体のユーザアクティビティ、セキュリティイベント、重要システムを把握し制御することで、データ侵害のリスク軽減とシステムのコンプライアンスを達成できます。

お客様の声

  •   データ侵害の迅速な検出と阻止 データ侵害の発生後に分析してみると、多くの場合、監査ログには悪意あるアクティビティの痕跡がはっきりと残っています。脅威を検出し、直ちに把握できていれば、阻止できた可能性は十分にあります。

    脅威を識別し、被害を未然に防止 ›

  •   コンプライアンスを確立して維持 業界や政府機関が求める要件を遵守して、セキュリティ状態を改善し、コンプライアンス違反によるコストや罰金を回避する必要があります。ITインフラがクラウドなどに広がっている環境では、どうすれば達成できるでしょうか。

    シンプルで持続性の高いITコンプライアンスを実現 ›

  •   脅威に備えたシステムの設定 現在使用しているセキュリティプロセスやコンプライアンスプロセスでは、脆弱性や設定の不備を迅速に識別できません。このままでは重要なアセットをリスクに晒してしまいます。重要システムの脆弱性をすばやく識別し、解決するにはどうすればいいでしょうか。

    重要なシステムのセキュリティを最大限に高める ›

  •   機密データを保護 ビジネスユーザは常に、よりよい仕事を迅速で簡単な方法で遂行したいと考えています。職場のクラウドコンピューティング、モバイルデバイス、その他の技術を使って、機密データへのセキュリティリスクとコンプライアンスリスクを管理する方法を探しています。

    アクセスと変更を監視し、データを保護 ›

  •   特権ユーザの制御と監視 広すぎる範囲のアクセス権を持ったユーザが、組織内で増えています。その権限を彼らがどう使っているのか心配です。特権ユーザによる機密データへのアクセスや変更がもたらすセキュリティリスクを管理する必要があります。

    特権ユーザのアクセスを最適化し、アクティビティを監視 ›

NetIQのお客様