NetIQのディザスタリカバリは、ダウンタイムをほぼゼロにする高価なソリューションと、低コストなテープ方式バックアップとの間の溝を埋めるソリューションです。ミラーリングに匹敵するパフォーマンスをテープ方式とそれほど変わらない価格で提供し、お客様のワークロードを保護します。

従来のリカバリソリューションでは、パフォーマンスと価格のいずれかを選ぶしかありませんでした。多くの企業とそのユーザは、RPOとRTOを4時間以内に抑えることを求めています。テープ方式では、これを実現するのは不可能です。しかし、その一方で、データセンター全体をミラーリングするには、膨大なコストがかかります。NetIQのディザスタリカバリソリューションはお手頃な価格でありながら、RPOとRTOを1時間以内に抑え、より少ないコストで多くのサーバを保護します。

お客様の声

  •   システム停止後にワークロードを信頼性の高い方法で回復 ディザスタリカバリソリューションは使う機会がないのが理想的です。しかし、いざ使うとなれば、一発で正しい結果を出さなければなりません。想定外のシステム停止の最中に、サーバワークロードを回復できないことに気づくのは非常に辛いものです。

    信頼性の高い方法でワークロードを回復 ›

  •   システムが停止しても早急に業務に復帰 ITシステムダウンは業務にも影響を与えるため、早期の復旧に向けて多大なプレッシャーがかかります。連続稼働が当たり前になった今日のIT環境では、大して重要ではないシステムでさえも、ダウンタイムが以前にもまして許容されなくなっています。

    ネットワークを効率的に回復 ›

  •   サーバ障害やサイト全体のシステムダウンから保護 サーバ1台の故障であれば、スペアパーツの準備や交換作業は数分で終わります。しかし、サイト全体がダウンした場合はどうでしょう。その地域で大きな問題が起こったとき、単純な人的ミス、あるいは配管の問題でも、そのような状況は起こりえます。

    サーバ障害に備えた安全策 ›

  •   物理サーバと仮想サーバを保護 物理サーバ用に一揃いのディザスタリカバリ製品を用意し、仮想環境にはまったく別の製品を導入したのでは、多くの場合、高いコストがかかります。これにはソフトウェアライセンスだけでなく、スタッフ、トレーニング、サポートなども含まれます。

    サーバの包括的なバックアップと保護 ›

NetIQのお客様