憶測に頼ることのないサーバ統合、ディザスタリカバリのプラニングおよび分析

どのサーバを仮想化するのか、ホストサーバを何台購入するのか、どの仮想マシンをどのホストで実行するのか、判断できない場合があります。ディザスタリカバリ環境の適切なプラニングおよびサイズ設定が困難なこともあります。PlateSpin® Reconは、複雑なサーバ統合とディザスタリカバリ構想のための仮想プランニングツールとして、定義した条件に基づいて実用的なデータを提供します。非常に正確な利用プロファイリングを通じて、リソースの競合を最小限に抑えながら、統合率とリカバリ機能を最大限に高めます。

少数のホスト上でのより多くのサーバの仮想化またはバックアップ、消費電力の削減、データセンターのラックスペースの解放、目標復旧時間と目標復旧時点の達成など、PlateSpin Reconはさまざまな目的に対応して、成功に必要なインテリジェンスを提供します。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。


スマートな仮想化プランニングの機能

詳細な特長一覧›


弊社のビジネスはお客様を成功に導くこと

Essent社

「PlateSpin Reconソリューションにより、データセンター統合プロジェクトだけでおよそ200万ユーロも削減できました」とSpoel氏は述べています。「また、コストのかかる業務中断を発生させることなく、リスクが極めて低い状態でデータセンター統合を完了することができました。長期的に見れば、当社にもたらされる価値は数億ユーロ単位になるでしょう」

詳細はこちら›

南アフリカ共和国貿易産業省

PlateSpin Reconにより、貿易産業省は、サーバ仮想化戦略を策定するために必要な具体的なデータを収集できました。これにより、仮想サーバをさまざまに組み合わせて実行した場合のプラスとマイナスのピークを示す統合シナリオが明確になりました。

詳細はこちら›