IV Identity Managerコンテナの展開

メモ:コンテナとして提供されるIdentity Manager 4.8は間もなく使用可能になります。

Identity Managerでは、コンテナ化されたメカニズムによりIdentity Managerコンポーネントを柔軟に展開することができます。Identity Managerは、コンテナの管理にDockerを使用します。コンテナ化をサポートするIdentity Managerコンポーネントは、Dockerイメージとして配信されます。Dockerイメージは自給自足型であり、単独で実行する機能を備えています。

Dockerイメージは次のIdentity Managerコンポーネントで使用できます。

  • Identity Managerエンジン

  • リモートローダ

  • iManager

  • OSP (One SSO Provider)

  • ファンアウトエージェント

  • ActiveMQ

  • PostgreSQL (Redistribution)

  • 識別情報アプリケーション

  • SSPR (Self Service Password Reset)

  • フォームレンダラ

  • Identity Reporting

メモ:Identity Configuration Generatorイメージは、サイレントプロパティファイルおよびKubernetes用のYAMLファイルの生成に使用されます。

エンタープライズモードのインストールでサポートされているすべての機能と操作は、コンテナ化されたメカニズムでもサポートされています。