October 10, 2014

ネットアイキュー、アイデンティティ管理ソリューションの最新版 「NetIQ Identity Manager 4.5」を発表

~企業の情報セキュリティと利便性を高める「Identity-Powered™」戦略を強化~


プレスリリース

Houston, TX

システム管理製品のリーディング・プロバイダーであるネットアイキュー株式会社とノベル株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長 河合哲也)は本日、アイデンティティ/アクセス管理(IAM)製品の最新版「NetIQ Identity Manager 4.5」の提供開始を発表しました。

企業のビジネスリーダーがIT活用の決定に関わるようになってきた中、複雑かつ常時接続されているIT環境で、利便性とセキュリティの両方のバランスを取ることが、重要になってきています。今回、提供を開始したNetIQ Identity Manager 4.5を活用することで、ビジネスリーダーは高い生産性と俊敏性を維持できる速さで、アクセス権限リクエストを適切に管理することができます。さらに、どんなに複雑なIT環境下においても、アイデンティティとアクセス権限のプロビジョニングとデプロビジョニングを、一貫して行うことが可能になります。

ビジネスリーダーは、これまで数日を要していた重要な意思決定を、数時間以内に短縮することを求められています。デスクトップ、モバイル、クラウドのすべての環境にわたって、生産性とリスク管理の両面を加味したIT活用を進めるために、アイデンティティの管理が以前にも増して重要な役割を果たしています。NetIQ Identity Manager 4.5は、ネットアイキューが提唱している「Identity-Powered™」セキュリティ戦略に沿った製品であり、使いやすいセルフサービス型のインターフェイスで、アクセス権限の要求・承認に対応します。NetIQ Identity Manager 4.5では、アイデンティティとアクセス権限のプロビジョニングプロセスが自動化されており、セルフサービス型に対するユーザニーズと監査要件に同時に応えつつ、ITの運用コスト削減を実現します。

「電子メールのアカウント設定や私用アプリケーションのインストールなど、一般消費者としての自らの体験から、セルフサービス形のITはビジネスユーザにとって馴染み深い存在となっています。ビジネスサービスについても、これと同水準の自由度が期待されます。企業としては、コンシューマ製品並みの使い勝手を実現しつつ、デスクトップ、クラウド、モバイルのアプリケーション全体でシームレスな利用を保証することで、集中管理型のポリシー施行に対応する必要があり、NetIQ Identity Manager 4.5は、このようなアプローチの抜本的な変化に対応しています。不要なコストやリスクを伴うことなく、生産性を高めつつ新技術を迅速・効率的に採用できる点で、企業はアイデンティティのもたらすパワーの有効活用に目を向けるべきです」と、NetIQのアイデンティティ管理担当シニア・ソリューション・ストラテジストのトラビス・グリーン(Travis Greene)は述べています。

NetIQ Identity Manager 4.5は、アクセス権限の管理・利用容易性を高め運用工数を抑えている点が大きな特長となっています。これはアイデンティティとアクセス権限のプロビジョニングプロセスの自動化に関する、ネットアイキューの受賞歴を誇る技術が基となっています。これにより、管理者やユーザは全アプリケーションのアクセス権限状況を把握でき、不要なアクセス権限による自社へのリスクを抑えることができます。NetIQ Identity Manager 4.5の新機能は以下の通りです。

  • Identity Managerユーザインターフェイス:アクセス権限申請・承認時に直観的操作が可能なビジネスユーザ向けインターフェイス
  • 役割(ロール)とリソースのカタログ管理:役割(ロール)とリソース管理用、ビジネスアナリスト向けインターフェイス
  • モバイル承認:多忙なマネージャー向け、アクセス承認用のモバイル専用アプリケーション
  • パーミッションの収集/調整サービス:接続先システム内の権限をカタログ内で利用できるように自動で管理

提供時期と市場推定価格
NetIQ Identity Manager 4.5の日本国内での提供は2014年11月4日を予定しております。ユーザ1人あたりのライセンス価格は、市場推定価格2,400円からです。
詳細については、https://www.netiq.com/ja-jp/products/identity-manager/advanced/ をご覧ください。

 

ネットアイキューおよびノベルについて
ネットアイキュー株式会社とノベル株式会社は、米国The Attachmate Groupの日本法人です。
The Attachmate Groupは、Attachmate、NetIQ、ノベル、SUSEの4事業部を統括しています。
詳細はこちらのサイトをご覧ください。
NetIQ Corporation(米国) http://www.netiq.com
ネットアイキュー株式会社(日本) http://www.netiq.com/ja-jp
Novell, Inc.(米国) http://www.novell.com
ノベル株式会社(日本) http://www.novell.com/ja-jp

ネットアイキュー株式会社
NetIQはシステム管理ソリューションのリーディング・プロバイダーとして、その分野における豊かな知識と経験を生かし、企業のIT部門が常に安定したサービスを提供できるようサポートします。NetIQが提供する統合的なモジュール製品によって、ユーザは操作上の統合性と利便性を確保し、サービスやリスクに対し効率的に対処し、ポリシー・コンプライアンスを確かなものにすることができます。また、Attachmate事業においては、端末エミュレーション、アプリケーション統合、および安全なファイル転送を実現する先進のソフトウェアを提供しています。NetIQの技術により、世界中の65,000以上の企業がIT資産を新しく有効な方法で活用しています。ネットアイキュー株式会社は、米国The Attachmate Groupの100%子会社です。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。

小倉 徳行
ホフマン ジャパン株式会社
(広報代理)

電話番号: 03-5159-5750
電子メール: togura@hoffman.com

小池 亮介
ホフマン ジャパン株式会社
(広報代理)

電話番号: 03-5159-5750
電子メール: rkoike@hoffman.com