July 29, 2014

ネットアイキュー、特権ユーザのアクティビティを監視する新セキュリティソリューション 「NetIQ Change Guardian 4.1」を発表

「Identity-Powered™」セキュリティ戦略の中核となるSIEMソリューション「NetIQ Sentinel 7.2」との連携により、企業内のあらゆるデータやユーザアクティビティを監視し、情報漏えいリスクを軽減


プレスリリース

HOUSTON, TX

システム管理製品のリーディング・プロバイダー、ネットアイキュー株式会社とノベル株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長 河合哲也)は本日、特権ユーザのアクティビティ監視ソリューション「NetIQ Change Guardian 4.1」を発表しました。特権ユーザの存在は、故意・過失、また不適切・不正な方法で特権アイデンティティ/アカウントが使用されることで、情報漏えい発生の危険性が高まり、企業にとって非常に大きなリスクとなりつつあります。NetIQ Change Guardian 4.1は、AD(Active Directory)と密結合し、ファイル整合性監視(FIM)機能を拡張することで、IT部門はいち早く特権ユーザの不正使用による潜在的な脅威を検知し、総所有コスト(TCO)を抑えつつ、監査への対応も迅速に行うことができます。

同製品は、ネットアイキューとノベルが新たに提唱している「Identity-Powered™」セキュリティ戦略を補完するものです。これは、従来のデバイスやインフラストラクチャが中心の「境界ありき」のセキュリティ・アプローチからの脱却を意味しています。企業の総合的なセキュリティ対策において、これまで以上に多様なIDデータが取り扱われる中、特権ユーザのアクティビティを包括的に監視することで、境界のなくなりつつあるIT環境で、データ侵害のリスクを軽減します。

セキュリティ部門では特権ユーザに限らず、ユーザ全般のアクティビティとその背景を把握し、それが正常・適切であるか、もしくは侵害の可能性があるかを判断する必要性が増しています。「Identity-Powered™」セキュリティ戦略の中核として、国内で今年7月に提供を開始したSIEM(セキュリティ情報およびイベント管理)ソリューション、「NetIQ Sentinel 7.2」は、企業内のあらゆるデータやユーザアクティビティの監視を実現できます。また、最新の脅威インテリジェンス・フィードを活用することで、SpyEyeやZeusなど、昨今最も広く使用されているボットネットから、自社のネットワークと機密情報を保護できます。さらにNetIQ Sentinel 7.2のNetFlowトラフィック分析機能により、マルウェアをいち早く検出し、疑わしいネットワーク・トラフィックを調査することが可能です。

米国NetIQのシニアソリューションマネージャー、レネイ・ブラッドショー(Renee Bradshaw)は、次のように述べています。「NetIQ Change GuardianおよびNetIQ Sentinelは、人、アイデンティティ、アカウント、データのやり取りを包括的に監視することで、脅威の予測や侵害の特定を行います。これは、弊社の『Identity-Powered™』戦略の基盤となっています。企業のセキュリティ部門は、アイデンティティデータを統合することで特権ユーザと疑わしい動作を結びつけることができるとともに、イベントから発生する余計なノイズに惑わされることなく機密情報の漏洩・盗難を回避できます。」

価格および出荷開始時期について
NetIQ Change Guardian 4.1の国内における出荷は2014年10月を予定しています。提供方法は、サブスクリプションライセンス方式と永久ライセンス方式が用意されており、予定価格はADの操作ログを取得する場合1ユーザライセンス2,000円(初年度のメンテナンス込み)からです。弊社の直接販売および販売代理店より提供されます。

NetIQ Sentinel 7.2は2014年7月より提供を開始しており、参考価格は500EPS(イベントパーセカンド:1秒間に取得するイベントの数)の場合、5,808,000円(初年度のメンテナンス込み)からです。

 

ネットアイキューおよびノベルについて
ネットアイキュー株式会社とノベル株式会社は、米国The Attachmate Groupの日本法人です。
The Attachmate Groupは、Attachmate、NetIQ、ノベル、SUSEの4事業部を統括しています。
詳細はこちらのサイトをご覧ください。
NetIQ Corporation(米国) http://www.netiq.com
ネットアイキュー株式会社(日本) http://www.netiq.com/ja-jp
Novell, Inc.(米国) http://www.novell.com
ノベル株式会社(日本) http://www.novell.com/ja-jp

ネットアイキュー株式会社
NetIQはシステム管理ソリューションのリーディング・プロバイダーとして、その分野における豊かな知識と経験を生かし、企業のIT部門が常に安定したサービスを提供できるようサポートします。NetIQが提供する統合的なモジュール製品によって、ユーザは操作上の統合性と利便性を確保し、サービスやリスクに対し効率的に対処し、ポリシー・コンプライアンスを確かなものにすることができます。また、Attachmate事業においては、端末エミュレーション、アプリケーション統合、および安全なファイル転送を実現する先進のソフトウェアを提供しています。NetIQの技術により、世界中の65,000以上の企業がIT資産を新しく有効な方法で活用しています。ネットアイキュー株式会社は、米国The Attachmate Groupの100%子会社です。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。

小倉 徳行
ホフマン ジャパン株式会社
(広報代理)

電話番号: 03-5159-5750
電子メール: togura@hoffman.com

小池 亮介
ホフマン ジャパン株式会社
(広報代理)

電話番号: 03-5159-5750
電子メール: rkoike@hoffman.com