January 24, 2005

NetIQ、AppManager が Internet Telephony誌の 2004年プロダクト・オブ・ザ・イヤーを受賞

VoIP専門誌が AppManager Suite を 「VoIP管理分野で画期的な製品」 と評価


プレスリリース

Toyko, Japan

システムとセキュリティ管理、ならびにWeb解析ソリューションのリーディング・ソリューション・プロバイダーであるNetIQ Corp. (Nasdaq: NTIQ), は本日、NetIQ AppManager Suite が米国Technology Marketing Corporation社のVoIP専門誌 「Internet Telephony」の2004年プロダクト・オブ・ザ・イヤーを受賞したことを発表しました。

NetIQ AppManager Suiteは、分散したWindows、UNIX、Linuxベースのシステムやアプリケーションおよびサーバインフラストラクチャに加え、今回の VoIPシステムへの展開によって、より広範囲の解析、診断、分析が可能となり、サービスレベルの監視を向上させました。

 
受賞の評価ポイント

単一のコンソールを用いて、土台となるITインフラストラクチャだけでなく、IP電話、コールサーバ、ボイスメール、およびIPコンタクトセンターアプリケーションを含むVoIPソリューションを、サービスの観点から管理することができます。

修復時間を減少し、システムおよびアプリケーション障害の根本原因をより効果的に解決します。これによって、顧客はVoIPアプリケーションサービスの可能性を広げることができます。

VoIPアプリケーションの健全性およびアベイラビリティの状態をすばやく把握し、また統合型のVoIP技術およびアプリケーション管理に要する時間を劇的に減少することによって、運用能力の向上を手助けします。

「音声 とデータを統合すれば、同時にこれらのアプリケーションも統合する必要があります」NetIQ社のVoIP管理製品部門の統括責任者David Pannは言います。「この統合というキーワードが、すでにお客様に各種業務アプリケーションの監視および構成にご利用いただいている AppManagerに、今回新たにVoIP管理を取り入れる要因となりました。 Internet Telephony誌の2004年プロダクト・オブ・ザ・イヤー受賞は、この新たな市場のニーズに答えた形でのNetIQ AppManager Suiteの成功を物語っています」

「Internet Telephony誌は、毎年、テクノロジーの発展やアプリケーションの改善において多大に貢献した製品をこのプロダクト・オブ・ザ・イヤーに選び表彰しています。NetIQ社はInternet Telephony誌の編集者達に対して、自社製品が実際の市場ニーズに対応しつつ、かつ品質および技術革新にコミットしたものである点を実証したのです」 Internet Telephony誌の発行人の一人であり、編集長のRich Tehrani氏はコメントしました。

2004年プロダクト・オブ・ザ・イヤー受賞製品は2005年1月号のInternet Telephony誌上に掲載されます。

 
>> 米国プレスリリースの原文はこちらをご参照ください
Security Reporting Center、NetIQおよびNetIQロゴは米国およびその他の国や地域における米国NetIQ Corporationおよびその代理店の商標または登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標および商標です。

お問い合わせ


ご利用ありがとうございます ご不明な点は、 当社のセールス部門にお問い合わせください。

  • セールス: (888) 323-6768

(フリーダイヤル。日本国内からそのままおかけください。料金はかかりません。)

サポートに関する情報は、テクニカルサポートを参照してください。